使い方次第でお得!住みたい街でのマンスリーマンション生活

高層マンション

借りるマンスリーマンションの広さを具体的に知っておく

ベッドルーム

マンスリーマンションの契約時に意外と見落としがちなのが地味な情報です。例えば部屋の広さというのがありますよね。平方メートルで表されていたりしますが、何となくのイメージでこんなものだろうと思っていると実際現場に行った時に違うなと感じてしまう事がありますので、よく調べておいた方が良いです。具体的には今住んでいるお住まいの広さがどのぐらいなのかという事を把握しておく事が大切です。これと同じかそれ以上のものを選ぶようにするといいでしょう。
もちろん、今住んでいる家が広過ぎるのであれば、ずっと狭いものでも問題はないと思います。ただし、もし今現在のものよりも狭いとなると生活をする上で不便を感じてしまう可能性も否定は出来ません。もっともその様な状況になったとしても1ヶ月契約の場合ですと、それ以降に新しいマンスリーマンションに移動する事が出来ますから、それほど大きな問題ではないというのも確かです。
契約するマンスリーマンションの電気容量にも注意してください。20アンペアとか30アンペアと記載されている部分です。光熱費自体は定額であっても、同時に沢山の家電を動かすとブレーカーが落ちてしまう可能性があります。数字が大きければ大きいほど使える家電の数も増えるという事を理解しておいてください。

新着情報

注目記事

TOP